Location

アクセス

会館の所在

30分間の路程で、台北に近くて、まだ完全に意識されたのは時空の変換であって、沈思の想像の中に、知らずに知らずにこの思い出の土地-新北投-へ向いています。

大屯山系に寄りよって天然の温泉資源を持っています。新北投-とても多いい伝説が語られています。これはよその人のこころにちょっど浪漫話題を与えます。生活文化を豊かにするほかに、文明の感情をも流通させています。

当然、新北投の足跡は歴史に属して、何千年の騒ぎ、カタガラン文明の源の必然を言ってもよい、台湾近代史の現れといってもよい、異国民族の精神とか温柔故郷の放浪とか、何時経っても皆の忘れられないメモリです。

新北投公園-この土地の景色にもなり、象徴にもなります。連綿の柳の中に、橋、亭があって、鳥がなってとても親切感があります。夢と語りはその池の波の中にちかちかと燦爛な光を反映して、その眩しさ又は黒さは歳月の表しになります。祖先たちはここで開拓して繁栄に対する期待でもあるし、理想の実現でもあります。微かな風、柳の揺れ、行ったりきたり人たち、曖昧な浪漫は未練を挟んで、生命の無常でもあるし、流れ川の表現でもあります。

探険の気持ちを持って一種の平和を尋ねて、光明路に沿って前に進んで、新と旧の長い廊下に立って、ふっと思ったら、水美温泉会館は都会人のために遊びと思考の両方ともできる山林生活空間を提供して、新北投の地域特色と背景を利用して、特別な風雅を彫刻します。地形の落差のため、会館はそれぞれゆとり楼と與山水楼に位置して、都会の五つ星ホテルの豪華に比べられないが、親切さが溢れています。外観は単一な流派又はスタイルはなくて、現代、簡約的な手法でレジャーホテルののんびり空間を表現して、後現代主義のほっとした感じ及び理性的な風格が唐風屋上と配させて、中極式と西洋式と両方の包容性の中にバランスとった魅力を表現します。また、別のある視覚上と心霊上融合と並びを表しています。